抗酸化作用

癌とセサミンの関係

人間の体は60兆個以上の細胞から構成されており、細胞分裂を繰り返しながら生命を維持しています。
正しい細胞分裂をすれば、新しい細胞が生まれ変わりますが、ストレスなどの影響で細胞が異常に増殖したり、過剰な活性酸素によって細胞はガン細胞となります。
ガン細胞は体内を巡り、増殖と転移を繰り返します。

人間が細胞で出来ている以上、ガンを避けて通る事は出来ません。
本来人間に備わっている抗酸化物質が正常に生成され、十分に機能していれば、ガンなど怖くはありません。
細胞がガン化しないよう、抗酸化物質の働きを活発にする必要があります。

セサミンは、この抗酸化物質の働きを活発にする作用に優れています。
ごまの種に含まれるリグナンの一種、ゴマリグナンという抗酸化物質が、ガンを誘発させる活性酸素を撃退し、細胞のガン化を阻止するのです。
不足してしまった抗酸化物質を補うには、セサミンの摂取が有効です。

セサミンには肝機能を高めるとともに、コレステロール値を下げ、高血圧予防にも優れています。
セサミンが最も優れているのは、ガンを抑制する効果http://www.srmhc.org/41g.htmlです。
セサミンの抗酸化作用が、老化やガンの原因のひとつである過酸化脂質を抑制し、細胞のガン化を予防するのです。

↓セサミンの1日の摂取目安量
   

このページの先頭へ