抗酸化作用

セサミンでコレステロール値の吸収を抑えられる?

セサミンはゴマリグナンに含まれる成分のひとつで、血清脂質を下げる作用があります。
肝臓での脂質代謝を高める働きと、脂肪酸の合成を抑制する働きに優れ、脂肪の分解を助け、脂肪の合成を抑制する働きによって、血清脂質の低下作用を促します。
また、セサミンはコレステロールを下げる働きがあります。

コレステロールは、私たちの体に蓄積されている脂肪のひとつです。
体を動かすために、コレステロールは必要不可欠なものですが、過剰に溜め込む、「コレステロール過多」の状態が良くないのです。
コレステロール過多は、肥満や高血圧など、生活習慣病の原因となります。

コレステロールは、体に溜め込まないように注意する必要があります。
増えすぎたコレステロールは、活性酸素によって酸化され、血管の内壁に付着し、血管の柔軟性が失われ動脈硬化の原因となります。
この為、悪玉コレステロールといわれています。

セサミンは、コレステロールの酸化を予防し、過剰な悪玉コレステロールを減少http://www.cancerissues.com/cholesterolsesami.htmlさせます。
食事は、適正なエネルギー摂取量を心がけましょう。
脂肪は動物性脂肪を控え、リノール酸やオレイン酸などの植物油を取り入れ、海草やきのこ、食物繊維を積極的に摂取することが大切です。
食事に気をつけながらセサミンを取り入れることで、コレステロールを正常に保つ事が出来ます。
セサミンの効果的な摂取方法は、http://www.dixebra.com/sessy.htmlに載っています。


このページの先頭へ